LINE IDを知らなくても友達追加できる方法!その時に相手に通知でバレるのか?

MENU

ええっ!?LINE IDを知らなくても友達になれちゃうの?その方法って?

相手のLINE IDを知らなくても友達追加できる方法があるんですよ。

 

その追加時に通知されてバレるのかどうかも知りたいところですよね!

 

LINEでまだ友達になっていない相手を友達追加したいとき、追加したことがバレると困るとか、気になる人は多いでしょう。

 

どうすれば通知されてしまい、どうすれば通知されずに済むのか、ひとつずつケースを見ていきます。

自動追加=スマホのアドレス帳の電話番号で友達追加する方法

自動追加=スマホのアドレス帳の電話番号で友達追加した場合は、相手に通知が届いてしまいます。

 

「○△があなたを電話番号で友達に追加しました」というメッセージが送られてしまうんですよね。

 

これはLINEの利用登録時や、スマホを機種変更したときに起こりやすい事例です。

 

アドレス帳には、自分の友達以外に仕事先の電話番号を載せているときがあります。

 

その人たちともLINEでつながってしまうのは、予想外のことかもしれませんから、事前に防ぎたいものです。

QRコードをスマホで読み取って友達追加する方法

QRコードをスマホで読み取って友達追加した場合も、完璧に相手にバレるでしょう。

 

「○△があなたをQRコードで友達に追加しました」という通知が送られてしまいます。

 

QRコードはその場で読み取るだけではありません。

 

メールに貼り付けて共有することができるものですから、簡単に読み取れてしまうのです。

 

その簡易さから思わず登録してしまうことが考えられますね。

ふるふる機能を使って友達追加する方法

ふるふる機能を使って友達追加した場合は、相手に通知が届くことはありません。

 

こちらのスマホには「リクエスト中」と表示されます。

 

相手がこちら側を友達追加しないと、つながることはないのです。

 

ただ、ふるふるの場合は相手が目の前にいますから、通知そのものが無意味な気がします。

 

ふるふるした周囲の不特定多数の人々も、友達申請対象としてリストアップされますが、そこにリクエストしても相手に通知は届かないようになっています。

電話番号検索をして友達追加する方法

電話番号検索をして友達追加をすると相手に通知が届いてしまいます。

 

「○△があなたを電話番号で友達に追加しました」という表示なので、アドレス帳で自動追加したときと同じ通知となります。

 

相手にはどちらで友達追加したのかは分からないでしょう。

 

それからこの検索機能を使うときには、年齢認証を実施しておく必要があります。

 

相手もLINEに電話番号を登録していないとつながることはできませんよ。

同じLINEグループに所属していて友達追加する方法

同じLINEグループに所属していても、友達にはなっていない場合がありますよね。

 

この場合、申請をして友達追加することが可能です。

 

通知も一切おこなわれませんよ。

 

ただし、相手がこちら側を友達追加していなければ、「知り合いかも?」の欄に表示されます。

「知り合いかも?」の欄から友達追加する方法

「知り合いかも?」の欄から友達追加したい場合は、その人をタップするだけでOK。

 

それが相手に通知されることはありません。

 

そもそも「知り合いかも?」の欄にその人がいるということは、相手はこちら側を友達として登録しているのです。

 

それをこちら側が承認する行為が、「知り合いかも?」欄のタップなのです。

LINEトーク上の連絡先共有から友達追加する方法

LINEトーク上の連絡先共有から友達追加したい場合は、そのままタップするだけで完了です。

 

そのとき、相手に通知は届きません。

 

ただし相手はこちら側を友達と認めていないので、このままでは相手のスマホの「知り合いかも?」欄に表示されるだけになります。

 

きっちりと友達になりたいのであれば、連絡を入れて直接お願いするのがいいかもしれませんね。

本当にLINEで友達になりたいなら直接お願いする機会を持とう!

このように、相手のLINE IDを知らなくても友達追加できてしまう方法はたくさんあります。

 

でも相手に通知せずに友達関係が始まることはありえません。

 

もし「知り合いかも?」欄にとどまっているような状況なら、1度連絡を取ってみることをオススメします。

 

真に通知することを厭わないようにしましょう。