ラインで着信拒否の設定はできる?着信拒否されるとどうなる?

MENU

LINEの着信拒否ってできるの?

LINEには便利な無料通話が付いています。今はほとんどのスマホユーザーが、この無料通話を利用しているのではないでしょうか。

 

とても便利な機能ではあるのですが、しゃべりたくない相手がいるのも事実。そういう相手は、できれば着信拒否にしておきたいですよね。

 

そんな通常電話と同じ仕様が、LINEにもあるのでしょうか?

 

ここでは、LINEで着信拒否の設定はてきるのか、またこちらがされている場合はどうなるのかを解説します。

 

2つもある着信拒否の方法!

実はLINEの無料通話を着信拒否する方法は、2つあります。まず1つ目は、LINE登録している友達を全員着信拒否にしてしまう方法です。

 

ちょっと乱暴なイメージもしますが、全員としゃべれないのですから、任意のしゃべりたくない相手ともしゃべらずに済みますよね。

 

LINEアプリを開いてみましょう。その他から【 設定 】をタップしてください。その中に『トーク・通話』がありますよね。

 

それを開いてください。いくつか項目が出てきますが、『通話の通信許可』のアイコンをオフのほうへスライドさせてください。

 

オフにすれば、全ての友達と無料通話ができなくなります。ただし、この場合は誰かから着信があった場合、しっかりと連絡が届くようになっています。

 

それならオフにしていても安心ですよね。

 

個別に着信拒否をするにはどうしたらいい?

2つ目は、友達登録している人を個別に着信拒否する方法です。個別のほうが便利いいなぁ〜と感じるユーザーは多いでしょう。

 

しかし、これには思わぬ落とし穴があるんですよ。それではLINEの友達リストを開いてください。

 

着信拒否したい友達を見つけてください。そこへ指を持っていて、右から左へスワイプ=スライドさせるのです。

 

そうすると、パッと画面表示が切り替わりますよ。『非表示』と『ブロック』という文字が浮かび上がっています。

 

その『ブロック』のほうをタップしてください。これでその友達だけブロックしたことになり、着信通知は届かなくなります。

 

ただ、ブロックですからね、メッセージも届かなくなってしまうんですよ。何の通知も来なくなってしまう状況が発生してしまうのですが、それでもよろしいですか?

 

もしその友達と、完全に縁を切ってしまいたくないなら、このブロックという方法を選択するのは最適とはいえないかもしれません。

 

逆にあなたが着信拒否されていたらどうなるの?

それでは相手にあなたが着信拒否されていたら、どうなるのでしょうか?

 

全ての友達を着信拒否しているケースなら、相手に通知は届くので、あとで連絡をもらえる可能性は残っています。

 

しかし、あなたがブロックされているケースだと、何の連絡も来ることはないでしょう。ブロックというのはよほどのことがないとされることはありません。

 

嫌われたり避けられたりするようなことがあったのか、思い当たるフシは?実はLINEというのは、とても便利なアイテムです。

 

このアプリがあったからこそ、スマホがここまで急激に普及したのだと言っても過言ではありません。

 

時間や相手の都合を気にせずメッセージのやり取りをおこなえるLINEは、革新的にコミュニケーションの輪を拡大していきました。

 

しかしそれは、本来つながるはずのなかった人間同士をも、安易につなげてしまっている事実を生んでいるようです。

 

例えば、未成年と大人を安易につなげて、犯罪の可能性を高めてしまっているようですし、グループチャット内での誹謗中傷やイジメがひんぱんに起きていると聞きます。

 

せっかくのコミュニケーションツールが、悪意のこもった利用で本来の効果を発揮していないと分かったら、そこで出来た人間関係を放棄したくなるのは間違いないでしょう。

 

ですから、安易に友達をブロックするというのは、どんな勘違いを生むか予想できませんから、実行しないほうがいいでしょう。

 

自分がLINEブロックされていることを見抜く方法も公開されるようになりましたから、余計にブロックすることはオススメできません。

 

もし着信拒否をしたいなら、友達全員を一時的に着信拒否にしておいて、その間連絡のあった人に後でこちらから連絡を入れるようにすれば、カドが立つことは避けられます。

 

LINEでつながっているコミュニケーションを大切に維持しようと考えたら、さまざまな角度に向けられた配慮こそ必要なものであると気づくでしょう。

 

あなたがしようとしているそのブロック、思いとどまってみませんか?