LINEに覚えがない人が出る怖さと対策法

MENU

LINEに登録してみたものの知らない友達がいっぱい・・

LINEに初めて登録したとき、その友達リストにいきなり見覚えのない人が現れたことはありませんか?

 

知り合いなら分かるんですけど、「これ、誰?」って名前の人なら、びっくりして怖くなってしまいますよね。

 

もしかしたら、ツイッターやスカイプだけでつながっている人たちなのかな?

 

でも不安は拭えません。原因はどこにあるのでしょうか?

 

LINEに初めて登録するときは必ず【設定】をチェック!

LINEを初めて登録するとき、【設定】を見直すようにしましょう。

 

特に見覚えのない人が友達リストに大勢現れたときは、【設定】から【アドレス帳】をチェックしてみてください。

 

必ず【友達自動追加】がONになったままですから。これがONだと、スマホにある電話帳や連絡先を自動的に読み込んでしまいます。

 

そうすると、LINEのサーバーに該当の電話番号が登録されていたら、自動的にその人と友達になってしまうのです。

 

先にスマホの電話帳を開いてみよう!

 

これを防ぐには、まずLINEの登録前にやることがあります。スマホの電話帳を開いてみてください。

 

おや、こんな人知らないぞ?というデータが入っていませんか?

 

それはツイッターやmixi・スカイプと一定の時間ごとに同期する設定になっていたから、そこでの友達が電話帳に入り込んでいたのです。

 

これを断たなければ、電話帳は知らない人で膨れ上がり、LINEにもその影響が出てしまうのです。

 

電話帳の中にある【自動更新なし】を選択して、同期しないようにしてください。

 

スカイプのユーザーならそちらもチェック!

次にチェックしなければならないのは、スカイプです。

 

デフォルトで電話帳と同期してしまうように設定されているのが分かります。これを【同期なし】に再設定してください。

 

でなければ、全て同期される設定になっていて、スカイプのコンタクトリストがそのまま電話帳に入り込み、LINEの友達リストにも影響を与えてしまうでしょう。

 

LINEの設定も修正しよう!

そしてLINEの設定も変えておかなければいけませんよ。LINEの最初の登録時に【アドレス帳を送信しない】を必ず選んでください。

 

これが悩みのタネを作り出す根源ですからね。アドレス帳の送信なら、LINEに登録後いつでもできます。

 

しかし一旦送信してしまったアドレス帳は、LINEを退会しないと削除できないシステムになっています。

 

もしすでに有料のスタンプを購入していたり、友達とのトークデータが発生しているようなら、それら全てを退会で失うことになるのです。

 

LINEの【友達自動追加】と【友達への追加を許可】をOFFに!

もうひとつやっておいたほうがいいのは、LINEの機能である【友達自動追加】と【友達への追加を許可】をOFFにしておくことです。

 

確かに自動的に同期されていくのは便利なのですが、そういう友達の増やし方は、ときには危険なつながりを生んでしまうことにもなります。

 

LINEにはさまざまな個人情報が掲載されているので、それらの流出のきっかけになってしまうかもしれません。

 

LINEに関してまだ詳しくない状態なら、特にこの同期機能を伴なうものは、外しておくほうが無難でしょう。

 

スマホはパソコンと違って、紛失してしまう怖れもあります。
拾った人が悪用しないとも限りませんから、電話帳との連携機能についてはしっかり管理したほうが良さそうですね。

 

実際のトラブル事例はこんな内容!

もし、知り合いでもなく見覚えのない人とつながったら、どのようなトラブルが発生すると思いますか?

 

いくつか実例を挙げてみましょう。

 

『ボクの代わりにアマゾンギフト券買ってきてよ!』

こんな内容のトークがいきなり飛んできたら、どう対処しますか?これは最近よく起こっているギフト券購入詐欺です。

 

あなたにコンビニなどへ足を運ばせて数万円分のギフト券を買わせ、そのウラに記載されているカードナンバーを盗み取る手法なんですよね。

 

まずダマされないと思っている人ほど、巧妙なシナリオを組まれていたら引っ掛かってしまうかもしれませんよ。

 

『直接会ってエッチなことしませんか?』

いわゆる援デリ業者からの誘惑メッセージが届く可能性が出てきます。

 

当然女性を装い、お金を請求してきますから、会いに行ったりしてはいけませんよ。

 

あなたのLINEが不特定多数の業者に知られてしまっている可能性もあります。

 

最悪の場合LINEから退会して入り直す必要が出てきますのでじゅうぶん注意しましょう。